工務店スタッフブログ

【桜が咲く前に】断熱性能について喜々津ホームの断熱性能と植木家の断熱性能を比較してみる。②

皆さん、こんばんは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日はどがんですか?

天才アートディレクション ミヤジュン
天才SE 立イッシー

現る。

天才お二人のお力添えを頂き、
HPもより楽しんで頂ける内容にしていきます!!

喜々津ホームの断熱スペック

田﨑さんが、春っぽいブログを書いていましたが、
田﨑ブログ『初めてのお手伝いから1年』

桜が咲く前に
断熱ブログの続きを書き上げないと(汗)

前回は、植木家の断熱スペックを紹介しました。
断熱ブログ~その①~

今回は、喜々津ホームの断熱スペックを紹介します!!

 

①床部→基礎断熱

喜々津ホームでは、床部の断熱を
基礎断熱としております。


植木家では、右図の
床下断熱になっております。

何が違うか簡単に言うと
外気を床下に入れるかどうか。
『基礎断熱は外気をいれませんよ』
という工法です。

スタイロフォーム 50mm
(押出法ポリスチレンフォーム)
熱伝導率 0.025(W/m・K)
熱抵抗値 厚み/熱伝導率==2(㎡k/W)
熱還流率(Ua値) 1/熱抵抗値= 0.5

②壁部→壁断熱

アクアフォーム 75mm
(建築物断熱用 吹付け硬質ウレタンフォームA種3)
熱伝導率 0.036(W/m・K)
熱抵抗値 厚み/熱伝導率==2.08(㎡k/W)
熱還流率(Ua値) 1/熱抵抗値= 0.48

現場で吹き付けます。
植木家のグラスウールと比較すると

配線回りやダクト部にも気密に吹き付けできるので、
断熱欠損による、結露(=カビ)が発生しにくくなります。

②壁部+α→外断熱

何とココで、+αがあります。
植木家には無い、外断熱です。

あなたもご存じの通り、
喜々津ホームでは、外壁を
漆喰塗り壁で仕上げます。

その名も
White Wall
『白い壁』

見たまま、そのままの商品名ですが、
一度でも喜々津ホームの家を見て頂いた方は、
ご納得して頂けるはず!!

塗り壁工法の弱点が、
『割れやすさ』です。

その弱点を克服するポイントが、
『下地をどう作るか』です。

その一つとしてあるのが、
オメガ断熱ボード 32mm
(A種ビーズ法ポリスチレンフォーム3号)
熱伝導率 0.040(W/m・K)
熱抵抗値 厚み/熱伝導率==0.8(㎡k/W)
熱還流率(Ua値) 1/熱抵抗値= 1.25

以前、ブログで紹介されていました。
諫早市の2世帯住宅E様邸 現場レポート③

この工程も『割れやすさ』の弱点を克服する
ひとつです。

漆喰仕上げでない、植木家には、
当然、施工されていません。。。

+α
つまり、内断熱+外断熱=W断熱
で、断熱性能を上げております。

③屋根部→屋根断熱

アクアフォーム 160mm
(建築物断熱用 吹付け硬質ウレタンフォームA種3)
熱伝導率 0.036(W/m・K)
熱抵抗値 厚み/熱伝導率==4.44(㎡k/W)
熱還流率(Ua値) 1/熱抵抗値= 0.22

屋根も壁と同じくアクアフォームを吹き付けます。
違うのは、その厚み。160mmです。

植木家は、右図の天井断熱でしたね。
屋根断熱との違いは・・・

床下の断熱と同じような考え方で、
外気の暑さを
屋根で断熱するか、天井で断熱するかです。

植木家の失敗例としてあるのが、ココ。

二世帯住宅なので、私達世帯は2階に
LDK、居室があります。
夏が、これまた暑い(汗)
屋根に吹き付けようかと考えています。

スペックのまとめ。

ここで、植木家と喜々津ホームの
断熱仕様を表にしてみました。

熱還流率は、数値が低い程
高性能。
明らかにその違いが、お分かりかと。

次回は、この数値を使って
分かりやすく、まとめていきます。

そう、分かりやすく。。。

私は、既に混乱しておりますが(笑)

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。

スタッフからのおすすめ記事