洗面台は造作品or既製品? | 注文住宅・新築・リノベーションなら喜々津ホーム 大村市・長崎市・諫早市のこだわり工務店

洗面台は造作品or既製品?

kikitsuHome Diary

皆さん、こんにちは。
自宅玄関に2cm程のムカデを発見し、約1時間お家に入れなかったクマです。
お隣のおばあちゃんに退治して頂いたのは、奥様にも内緒です…

さて、今回は造作洗面台についてお伝えしたいと思います。
お洒落インテリア雑誌なんかには必ず掲載されてますね。

造作洗面台と既成品洗面台

まず、ここで言う造作洗面台とは何でしょう?
オーナー様の自由な発想で部品一つ一つを選択し、完成させる品物のことを造作品といい、造作洗面台とは、ボウルや水栓金具、台の形状や材質を考えて作り上げる洗面台のことです。

それに対して既製品洗面台というものがあり、設備メーカーさんが色々考えて工場で作り上げた品物のことをいいます。
既製品洗面台は、LIXILさんやTakara standardさん、その他様々なメーカーが作っていますね。

造作洗面台はカッチョ良くて、既製品洗面台はカッチョ悪い。
ってな感じで記載されている雑誌やブログを見かけますが、クマはそんなこと思ってもいません。
お互いのメリットとデメリットを知ったうえで、ご判断くださいね。
って感じで書いてます。

なので、お互いのメリット・デメリットを考えてみましょう。

既製品洗面台のメリット、デメリット

既製品洗面台は、照明と鏡、小物収納にボウル、水栓金具とボウル下に収納ってのが基本構成ですね。
これだけでも無駄がないように、よく考えて造られていることがわかります。

では、メリットから。
一番はやはり価格でしょうか。
ピンキリですが造作洗面台と比べると、比較的安価に購入しやすくなります。
完成品なのでショールーム等で確認できる。ってことも大きなメリットだと思います。
そして、忘れてならないのが掃除のしやすさ、汚れにくさです。
この部分については、各社めちゃめちゃ頑張っています。
あと、コンセントもメリットの一つやないかな。
収納棚に隠れるコンセントってのが、意外と便利なんです。
充電中の電動歯ブラシなんかが隠せちゃいますから。

次はデメリット
やっぱり既製品ですので、特殊な形状やサイズが少ない事が挙げられます。
これは喜々津ホームのような注文住宅に発生しやすい問題ですね。
あとは、オーナー様のオリジナル感ってのは、どうしても表現しにくいです。
そのことはメーカーさんも理解しているので、パネルやカラーを多くの選択肢から選べるようになっています。
でも、それらを自由に選ぶと価格が高額に…
ってことになっちゃいます。

既製品洗面台はこんな感じでしょうか。

あっ!
水栓がシャワーみたいにグイ~ンって伸びる製品が多いこともメリットです!
意外と個々に選ぶ造作洗面台やと、伸び縮みする水栓って少ないんです。

造作洗面台のメリット、デメリット

やっぱり造作洗面台のメリットは、オリジナル感だと思います。
一つ一つ部材などを選び作成するので、世界に一つの洗面台が出来上がります。
二点目は、間取りに合わせてピッタリできるってことです。
三角の洗面台であろうが、ボウルが三つあろうが作成することができます。
お子様と一緒にご自身で洗面台にタイルを貼り付ける。
なんてことができるのも、大きなメリットに挙げられますね。
このようなことは、既製品の一番弱点となる部分かもしれませんね。
あと、同じようになりますが、お部屋の雰囲気に合わせた洗面台が作成することができるのも大きなメリットだと思います。
ナチュラルテイスト満載のお家にプラスチックの洗面台って…

デメリットですが、やはり価格になろうかと思います。
必ずしも高額になるわけではないですが、こだわればこだわる程高額になりやすいです。
反対に言うと、シンプルなデザインにすることで価格は下げることができますね。
そして、自由な発想で作成できるだけに非常に打合せ時間が長くなります。
途中で飽きちゃうかも?
お引き渡しを受けてお使いいただいた洗面台に不具合があった場合、意外と修理費用が高額になっちゃうこともあります。
世界に一点物なので仕方がない部分も…

造作洗面台の方が、必ず良い出来栄えになる!
なんてことはありません。
一点一点部品を選ぶセンスやカラーコーディネイトが上手にできないと、ガチャガチャした落ち着けない洗面台になってしまいます。

クマの考え

上でお伝えしているように、造作洗面台の方が必ず良くなる!
ってことは、ありません。

クマが思う造作洗面台の一番のメリットとデメリットはこの部分です。

お家を建てる際には、多くのことを決定していかなければなりません。
クロスの柄やカラー、無垢材の床や木製部分の色合い、建具の種類等…
数え上げればキリがないほどです。

その中で造作洗面台について、ご家族皆さんで判断し決定していく。
その工程を楽しめれば、必ず良い造作洗面台が誕生します。
楽しめなければ、中途半端な造作洗面台になっちゃいます。

造作洗面台を含めて、家造りは楽しむべきものです。
というか、楽しくないといけません。
未来創造なんやから。

 

またまた長くなっちゃいました。

でも、最後に…
造作洗面台にすると洗面化粧室(脱衣室)は、確実に上質なものになります。
出来栄えではなく質が上がります。
工業製品では発揮できない独自性と真作であるからなんです。

ってことで
ほな!また!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。