工務店スタッフブログ

お家造りを予算内に納める大切な事

皆さん、こんにちは。
先日のブログ「良い土地の常識って何?」に書きました愛車の特別なニオイは、跡形もなく消え去り胸を撫で下ろしている関西弁のクマです。
ありがとう!ファブリーズ!!

さて、今回はお家造りを予算内で納めるために大切な事を、お伝えしたいと思います。

せっかくやから

せっかくお家を建てるんやから、お家も敷地も出来る限り広い方がいい!
と、誰もが考えると思います。

少し考えてみましょう。

敷地が広いということは、当然ながら購入金額が高いということになります。
お家が広いということは、当然ながら建築費用が高いということになります。
つまり、イニシャルコスト(最初に必要なお金)が高くなりますね。

また、敷地が広いと当然ながら、狭い土地に比べて維持・管理する費用は大きくなります。
お家も一緒ですね。
つまり、ランニングコスト(住んでいる間にかかるお金)が高くなります。

お家も敷地も広ければ広いほど、お金はかかることになるんです。

ってことを考えると、よっぽど自己資金(ご自身達の貯金やご両親様などからの援助金など)が潤沢でないと、間違いなく後々の生活に響いてくるってことになりますね。

予算内に収める絶対条件

お家造りを予算内に収めるには絶対条件があります。
それは、「土地に合ったお家の設計」をすることです。

例えば、南側道路の土地と北側道路の土地では、販売価格の坪単価が約2~3万円程ちがってきます。
実際に、いさはや西武台という大きな団地では、南側道路と北側道路の土地販売価格が100万円以上違いました。
お隣さんになる土地の価格がこんなにも違うんです。

でもね、南側道路の土地の設計ってとっても難しいんです。
日当りが良いから南側道路の土地を選んだので、お家の南側に大きな窓を造りますね。
でも、道路から丸見えになるのでカーテンを設置し、一日中閉めっぱなしになりやすいです。
お庭も日当りの良い南側に作ることになると思いますが、これも道路から丸見えなので植栽や目隠しフェンスが必要となってきちゃいます。
道路からドンドン見えなくしていくんですね。

結局、南側道路の土地を購入すると、土地の購入価格が高いうえに、お家に付随する様々な工事が必要となっちゃうんです。

で、予算オーバーしちゃう…ってことが本当に多いんです。

絶対条件をクリアする注文住宅

「土地に合ったお家の設計をする」という絶対条件を、注文住宅であればクリアすることができます。

「土地に合った」というのは、その土地の環境に応じたお家造りを考えることです。
単純な規格住宅や、決まったプランから選択するようなお家では、対応できません。
注文住宅だからこそ、「土地に合ったお家の設計をする」ことができるんですね。

もし、北側道路でもお部屋が明るいお家が建てることができるとすれば、南側道路の高い土地を選ぶ理由はなくなりますね。
これがクリアできれば、土地のお金が100万円以上カットすることができますし、カーテンや植栽又は目隠しフェンスの様な、お家造りに付随する工事費用も削減することができます。

概算で考えても、これだけで200万円~300万円はお家造りの費用を安くできますよ。

こんな風に、クマは考えています。
予算内に収めるお家造りは、土地を選択するところから始まります。
お家造りを考えていらっしゃるのであれば、クマと一緒に土地探しからお家造りを考えてみませんか?
クマがお金がかかる理由をお伝えしますので、楽しみながらお家造りをしましょう。

ってことで、今回はここまで。
ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。