工務店スタッフブログ

不動産の相続について② ~不動産豆知識4~

お金の話だぁ!

今回のブログは、最初からお金の話になっちゃいます。
お金の話って、ちょっと話しにくいけど、とっても重要なのでしっかり話しちゃいましょう。

ってことで、前回に引き続いて相続についてお伝えします。
その中でも、税金についてお伝えしちゃいましょう!

不動産を相続した時に必要になる税金には二種類あります。
前回と同じ部分もあるけど、気にしないで!

一つ目は登録免許税
二つ目は相続税
ってな感じの税金が発生するんですよ。

登録免許税ってのはね

前回のブログでお伝えしたように、相続登記をする際に支払う税金になります。

相続登記をする際に、税額分の印紙を登記申請と同時に支払うことになります。
一般的に相続登記ってのは、司法書士さんに依頼して登記してもらう事が多いので、司法書士さんから請求されることになります。

つまり、相続人さん(被相続人・相続人ってのを思い出してくださいね)が直接役所なんかに収めるわけやないので、支払ってる感が少ない税金になります。
その分、司法書士さんの登記代って高いな!って印象になっちゃうんですが…

登録免許税の算出方法

登録免許税 =
固定資産税評価額 ×
0.4%

ってな計算で登録免許税を算出することになります。

固定資産税評価額ってのはね、不動産を所有している人には毎年役所から請求される固定資産税って税金を算出する基本の額のことです。

ちょっとわかりにくいけど、固定資産税を決める基になるのが固定資産税評価額ってことなんですね。
その固定資産税評価額っての使って、登録免許税は決まります。

相続税ってのは

被相続人(亡くなった人でしたね)から、相続人(財産をもらう人)が財産をもらった時に係る税金のことをいいます。

この税金は基礎控除ってルールがあるんです。
基礎控除ってのは、ある一定のルールに基づいて計算した金額でね、その基礎控除額より相続財産の金額が下回ってれば、相続税はいらない!
ってことになってるんです。

この考え方はね、お金持ちからは税金を取ろう!
でも、お金持ちじゃない人からは貰えないよね。
って考え方が基本です。

相続税の基礎控除額

さて、相続税の基礎控除額ですが

3,000万円 +
(相続人の数×600万円)
= 基礎控除額

ってなってます。

相続財産の金額が基礎控除額を下回ると、相続税はいりません。
で、相続財産の金額が基礎控除額より上回ると、相続財産の金額から基礎控除額を差し引いた金額に相続税がかかることになります。

相変わらずわかりにくいですねぇ…税金って。

相続税の計算方法

では、相続税の計算方法をお伝えしましょう。
って思ったけど、疲れちゃった…

ってことで、続きは次回に持ち越します!
非難しないで!

ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。