工務店スタッフブログ

「教えて、山内センセイ!!」住まいの学校 2時限目

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日は、どがんですか?

ある日の出来事・・・
地盤調査や地盤改良でお世話になっている、
タムラクレーンの池田さんが、なにやら準備を始めています。

これは、ドローンじゃないですかっ!!
今更ながら、ガンダムブームが到来している私にとっては、

かなり興味深い。。。
ドローンを操るニュータイプのパイロット池田氏。

専用アプリで画面を見ながら撮影できるようです。

ここまで鮮明に撮影できるとは、驚きでした。
ブレもほとんど無い。

喜々津駅周辺を空撮。
最近、喜々津駅周辺には、
喜々津ホームの新社屋もそうですが、
ビジネスホテルや高層マンションが建設されました。

駅裏の空き地にも新たな建設予定もあるようです。
これから益々の発展を遂げる、喜々津エリア。
楽しみですね(笑)

ドローン、欲しい・・・。

2時限目~外皮性能と長期優良住宅について~

さて、『教えて、山内センセイ』
前回、1時限目の内容を書きました。
これからの家造りは、地球規模で考えないとイケナイ!!
といった、内容でしたね。

2時限目は、いわゆる性能の話しです。
【健康と安全性について】

今、春の全国交通安全運動が実施されています。
お子さんやご家族を
「いってらっしゃい、気を付けてね!!」
と送り出された方も多いでしょう。

でもこれからは、
「帰ってきたら、気を付けてね!!」
に変わるかもしれません。

ここ5年で、車の安全性能が大きく上がった印象があります。
それに伴い、交通事故もこれから、より少なくなっていくでしょう。

実際に、交通事故死より家庭内の死が2.4倍と言った数字もあります。
家庭内の死因の1位は、溺死。

これは、冬場のヒートショックによる入浴中によるもの。
家の性能が高い欧米諸国では、「死のダイブ」と言うそうです。

古来から日本では、湯につかる風習がありますが、何でだとおもいます?

それは、欧米諸国では家の性能が高いので、お湯に浸からなくてもいい。
逆に日本は、お湯に浸からないと体が温まらないから。。。なんです。

私の両親は、60歳を過ぎました。
より、ヒートショックのリスクが高くなっています。
7年前に建てた家ですが、断熱リフォームを考えないと。
コレ位、身近にある危険だと山内センセイの話を聞いて、感じた所です。

高気密・高断熱の家。

「高気密・高断熱の家」って、よく耳にしたりチラシに謳ってあったりします。
簡単に言うと、「冬暖かくて、夏涼しい家」という事になります。

暖かい???
いくらいい性能の家を造っても、熱源(床暖房、エアコンなど)が無い限り、暖かくなる事はありません。
その熱源を外に逃がしにくいから、暖かいわけです。

高気密・高断熱の家=魔法瓶を作ったようなもの。

魔法瓶にお湯を注げば、暖かくなりますし、熱を逃がしにくいから保温できる。
その魔法瓶自体の材質、キャップの材質とパッキンの気密さで、水筒を選択する。

でも実際に水筒を買う時って、そこまで考えないですよね?
だって、買い直しがしやすいから。。。

でも家の場合は、そうはいきません。

これは私の持論ですが、
どこで家を建てるか選択する際に大事にしてもらいたい事の3つで、
①【雰囲気】こんな家なら、自分達らしい暮らしができる
②【性能】快適な生活ができる
③【お金】家のお金、メンテナンス費

何を大事にされるか?
そもそも何で、家を建てるのか?

しっかり考えたいですね。

性能を語りだすと、切りがない・・・。

2時限目の内容を完璧に書こうとすると、
今日一日が終わってしまいそうなので、(笑)
山内センセイからの大事なキーワードを書きたいと思います。

①高気密・高断熱の家にする際は、夏場の逆転結露に注意。
防湿層(ペーパーバリア)で夏場の逆転結露を防止する事をおススメ。

②賃貸住宅の場合、日本では角の部屋が高いが、ドイツは真ん中の部屋が一番高い。
外気に接する面積が少ないので、暖かい部屋である。

家が投資にならないのは、日本だけ。
10年で価値が0に。長期優良住宅を建てて、価値を下げない。

樹脂サッシは、庇を付ければ大丈夫。
日照時間の長い西日本では、紫外線による樹脂サッシの劣化が心配。
庇を設ける事で、サッシに夏場の直射日光が当たりにくく、室内にも直射日光が入りにくい。(パッシブを考える)

2時限目のまとめ。

気密や断熱は数値で表す事ができます。が、

「御社の家は、Ua値0.4ですよ!!」
よりも
「御社の家は、ヒートショックが起きにくい、安全な家ですよ!!」
の方が、自分には響くかも。。。

家庭内での不慮の事故が少なくなり、
本当に幸せな家を造っていかないといけません。

身近な人の事を思いながら、性能の事を考えたいですね。

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。