工務店スタッフブログ

「なんで、こうなったの!?」を解説。~ペアガラス編~

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日は、どがんですか?

今日の諫早は、暖かい日となっています。
最高気温も15℃まで上がるようですね。
眉は濃いですが、服装は薄めの植木です。

こんなの初めて見た。

喜々津ホーム事務所の二軒隣りにある、
喜々津ガラスアルミセンター(通称:ガラスさん)さん。

先日、ガラスさんに行くと
「なんで、こうなったの?」と言いたい、
いや、言ってしまった物がありました。

一見、普通の窓ガラスのようですが、
傾けると、

水が溜まっとる!!

ガラスさんの社長、マサルさん(ウチの社長のお兄さん)によると、
築10年位のお宅から、交換依頼があり回収してきた物だそうです。

「なんで、こうなったんですか!?」
とマサルさんに聞くと
「この前の寒波の影響たいね~」
と・・・。

「いやいや、それじゃ分からん!!」
とは、言えませんでしたが、

あなたも、そう思ったと解釈して、
「なんで、こうなったのか?」をご説明いたします。

改めて、ペアガラスの構造を知る。

私も普段から、
「全部の窓が、ペアガラスです!!」と
ドヤ顔で、お客様に説明しておりますが、
詳しい構造をあまり知らないな・・・。

皆さんも私の勉強に付き合って下さい(笑)

ペアガラスを日本語で言うと、複層ガラスとなります。

日本では、2枚の複層が普及しています。
日本でも寒さが厳しい地域や
ヨーロッパなど極寒の国では、
もう一層追加して、3枚複層ガラス(トリプルガラス)もあります。

ガラスとガラスの間に乾燥空気層、
もしくは、アルゴンガスが封入(または、真空状態)してある事で、
家の外の温度が、中に伝わりにくくし、
断熱性能を上げているのです。

そうそう、私はこの事を身を持って体感しております。
植木家は予算の都合上、居室以外(廊下、洗面、トイレなど)の
窓を一枚ガラスにしてまして・・・。
結露もすりゃ~、す~す~します。

だから、羨ましさもあって、ドヤ顔になるのです。

なんで、そこに水が溜まったの?

じゃなんで、

こんな事になってしまったのか?

マサルさんがおっしゃるには、

「乾燥剤がダメになっとる」のが原因だそうです。

乾燥剤が劣化することにより、
水分を含んだ空気が、空気層に入り、
それが内部結露を起こして、水が溜まる。

先日の寒波のように冷え込むと
こうなってしまう一因でもありますね。

こういった事は、稀にあるそうで、
ひどい時は、ガラスの2/3位まで水が溜まっていた
お宅もあったそうです。

もし、水が溜まってしまったら!?

喜々津ホームでは、
LIXILさんの窓をよく使わせて頂いております。
そのカタログを見ると、

製造日より10年間
複層ガラスの品質を保証して頂けるようです。

マサルさんもメーカーさんから交換依頼を受け、
交換作業をされているようでした。

もし、こうなってしまったら、
建築会社さん、ガラスメーカーさんに
問合せをされてみて下さい!!

では、
眉は濃いですが、服装は薄めの植木でした。

服装と複層・・・

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。