工務店スタッフブログ

シューズ・クロークをつくるなら、知っておきたい3つのこと。

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日は、どがんですか?

諫早市内は、風が吹き荒れています。
そして、風が冷たい。

年末っぽく、なってきました。

シューズ・クロークとは?

名前のとおり靴をメインに収納する。

だけでなく、傘やアウトドア用品など外で使う物を
入れておける収納のことを言います。
簡単に言うと、ウォークイン・クローゼットの
玄関盤みたいな感じですね。

シューズ・クロークをつくる事で、
メインの玄関を常にスッキリする事ができ、
急な来客でも、慌てて靴を並べなくていいですね。

知っておきたいこと①~動線をよく考える~

シューズ・クロークの動線には、大きく2つのパターンがあります。

喜々津ホームのモデルハウスのように

シューズ・クロークを介して、部屋に入れるパターン。

メリットは・・・
LDKと繋げると、家族みんなの使い勝手が良かったり、
キッチンと繋げると買い物して帰宅後は便利でしょう。

デメリットは・・・
ウォークイン・クローゼットも同じ考え方ですが、
人が通るスペースが要るので、
その分の収納力が落ちる事。

逆に行き止まりパターン。

メリットは・・・
そりゃ~、収納力が半端ない。

デメリットは・・・
なんだろう?思いつきません(笑)

知っておきたいこと②~広さをよく考える~

『大は小を兼ねる』という言葉がありますが、
家の大きさは、コストが関わります。

限られたスペースをうまく使い、
無駄の無い、使い勝手の良いシューズ・クロークになれば、
言う事無しですね。

では、どの位のスペースが必要か?

そこで考えて頂きたいのは、
靴以外に何か納める予定があるかという事。

アウトドア用品を収めたい。
釣り道具を収めたい。
そんな場合は、1坪位欲しい所ですね。

これが、1坪サイズ。
部屋への動線はありません。

靴と上着、傘くらいであれば、

コレ位とれば、大丈夫。
一番狭い所でも75cm取れています。
喜々津ホームは、910モジュール(柱ピッチの基準)で
家を作っています。
この場合、1,547+1,183で作っていて、間くずれしています。

そこは、注文住宅だからこそ、対応できるんです。
規格の家だと、対応して頂くのは難しいと聞きます。

知っておきたいこと③~匂いをよく考える~

TVで、芳香剤のCMを良く観ます。
『消臭、〇』や『ファ〇リーズ』。
CM内容をよく考えておられると思います。

考えすぎて、違う方向に行ってる気もしますけど・・・。

「匂いには、匂いで対抗!!」
悪くない考えだと思いますが、
まず、匂いがこもらないようにする。

換気扇を付けたり、

パナソニック ナノイー
器具を付けたり。

あとは、材料で対策する。
消臭効果の高い、漆喰を使えばGood!!

玄関の匂いで、その家の印象が決まる、
人と人で言う、第一印象のようなもの。

匂いは、ケアしたいですね。
私自信は、大丈夫だろうか??

シューズ・クロークのあれこれ。

喜々津ホームでお世話になりました、OB様が、
どんなシューズ・クロークをつくっているか。

ダイジェストでお送りします!!

靴、何足置けるんだ棚。

LDKに直通。
高所用窓のチェーン穴加工棚。

こちらは、キッチンに直通。

行き止まりパターンだが、収納力は大!!

こちらも行き止まりパターン。
棚をL字に配置する事で、収納力が断然上がります!!

Rの下り壁で可愛く、簡易的に仕切る。

縦格子で、カッコよく簡易的に仕切る。

引違の建具で、仕切る。
コレは、私も「ざんし~ん!!」と思いました。
普段は閉めておけば、ウチみたいに散らかっていても
見つかりません。。。

次回の見学会のお家は・・・

今年最後となります、完成見学会が

長崎市であります。
詳しくはコチラ

憧れの平屋のお家です。
こちらのお家にも
シューズ・クロークがあります。

これまでに見た事のない感じ。
「ざんし~ん」を超えて、
「何という事でしょ~う」なシューズ・クロークです。

是非、その目でお確かめください。

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。