工務店スタッフブログ

家造りに大切な住宅ローンについて①

皆さん、こんにちは。
最近の熱さに既にボロ負けしている関西弁のクマです。
でも、夏痩せって経験したことがないんです…

さて、今回は住宅ローンについてお伝えしたいと思います。
金利がどうやとか金融機関はどこがいいってなことやなくて、住宅ローンを組むにあたって。
ってな感じで、わかりやすくお伝えしたいと思っています。

自身でハードルを上げてしまっていますが…

住宅ローンの種類

住宅ローンには、三つの金利タイプがあります。

「全期間金利固定タイプ」
文字通り住宅ローン組む際の金利がずっと固定となるローンのことです。
フラット35が有名ですね。
金利が固定ということは、月々の返済額が増減しないということになります。
返済計画が明確になることで、ライフプランがたてやすくなりますが、仮に金利が下がってもそのままとなります。

「固定期間一定タイプ」
このタイプは、10年間とか5年間とか一定期間は金利変動がなくて、期間が過ぎると改めて金利タイプを選択するローンになります。
先の全期間金利固定タイプよりも金利は安いので、ある程度の安心感を基に返済していくような感じですね。

「変動金利タイプ」
他のタイプと比べると一番金利が安いローンとなります。
ただ、一番理解しにくいのがこのタイプなんです。
金利は毎月あるいは半年ごとに見直されますが、それを返済額に反映すると、毎月の計画がたてられないので、概ね5年間の返済額は固定となります。
でも、その間金利は変動しているわけですから、その分は元金と利息割合を変動させて返済をしていく事になります。
つまり、金利が上がった場合には、返済額は概ね5年間固定となっているので、金利分しか返済していない。ってなことになっちゃう可能性があるんですね。
また、一応125%ルールというのがあって、めちゃめちゃ金利が上がったとしても、返済額見直しの際には、前の返済額の1.25倍までとする。っていう、ルールがあるんです。
ちょっと難しいですね。

簡単に言うと
将来の計画性では「全期間固定金利タイプ」が優れていて、月々の返済額を抑える為には「変動金利タイプ」が選ばれます。
そして、その良いとこどりが「固定期間一定タイプ」といった感じになります。

事前審査(仮審査)

住宅ローンを組むには、事前審査(仮審査)というものを受けないといけません。
お家を建てるのは大きな金額になるので、貸す側(金融機関)も詳しく調査がしたいんですね。
つまり、事前審査と本審査の二段階に分けて、この人はちゃんと返せるのかな?返せなかった場合でも差し押さえして充分かな?ってなことを審査するんです。

事前審査(仮審査)の結果までには、だいたい3~4日程かかります。
借りる側であるお客様は、この事前審査の結果で「借りることができる」っていう目星がつけられることになります。
そのため安心して不動産購入や建物請負契約を締結することができるようになるんです。

ちなみに、土地の購入などは、スピードが勝負になってきますので、この事前審査を受けておくことで、土地購入がスムーズに進みます。
仮ですが「借りることができる」っていうのは、売る側(不動産屋さん)にとっても買う側にとっても安心に繋がるからなんですね。

また、事前審査(仮審査)に必要な書類は、各金融機関で微妙に違います。
なので、基本的な事しか書けませんが、
認印
ご本人を確認する書類(免許証など)
ご年収を確認する書類(源泉徴収票や確定申告書など)
購入する予定の土地情報(不動産のチラシなど)
お家の建築見積書
が、必要となってきます。
準備する書類は、全部コピーでOKです。

事前審査でNGが…

事前審査(仮審査)を申請して、3~4日で結果報告があります。
何もなくOKであれば問題ないのですが、まれに、
「あなたには融資できません」
「申請は3千万円ですが、2.5千万円までしか融資できません。」
なんてことがあるんです。

この様なことがあると、多くの人はメチャメチャ落ち込んでしまいます。
今までの頑張りを認めてもらえなかった悔しさ、夢見てたお家が建てられない失望感。

でもね、直ぐに諦める必要はないんですよ。
金融機関はとっても多く存在しますので、他の金融機関でも確認すればいいんです。
事前審査を申し込んだ金融機関の基準が、皆様と合わなかったというだけなんで、最後まであきらめる必要はありません。

当然、中にはどこにも借りることができない方もいらっしゃいます。
過去にローン返済を滞らせた方や、他にローンをいっぱい組んでいる方などです。
自分で大体見当がつきますよね。

ちょっと長くなりそうなので、今回はここまで!
次のブログで続きを書くかどうかはクマの気分次第ですが、そう遠くない未来に続編を書きますね。

ってことで、ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。