工務店スタッフブログ

土地を『決める!!』という事。

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日は、どがんですか?

9/21~23の3日間、
福岡でアチーブメント社の
『頂点への道』講座スタンダードコースを
受講してきました。

講師はこの方。

アチーブメントの青木社長。

お目にかかるのは、2度目。
やっと、挨拶と写真撮影が出来ました。
ドキドキ具合が、私の表情を見て頂くと
分かるかと思います。

かなり、引きつっとる(汗)

『決める!!』事の大事さ、
改めて学ばせて頂きました。

家造りにも『決める!!』瞬間がたくさん。

家造りには、『決める!!』瞬間が多くあります。
予算を決める。
土地を決める。
建築会社を決める。
住宅ローンを決める。
インテリアを決める。

中でも、『土地を決める』が、
家造りを大きく左右します。

土地の場合は、2パターンありますね。
①土地はあるので家を建てる。
②土地購入をして家を建てる。

①土地はあるので家を建てる。の考え方。

土地をお持ちの方。
・ご実家を建替える
・ご実家の空いたスペースに離れの家を建てる
・ご両親から相続or贈与で頂いた土地に家を建てる
などなど、こういったケースが多いですね。

つまり、土地は決まっている。

では、
どうして、土地を選ぶ事が出来ないのに
そこに家を建てるのか?
その土地にだって、いい点・悪い点があるはずなのに。。。

建替えなら解体費が掛かる。
造成費も掛かるかもしれない。
日当たりが悪い土地かも。
立地も悪いかも。

つまり、土地代が要らない事を条件に
上のような事を妥協されている。

でも、その土地に家を建てられます。

何故?
ここに家を建てると決めているから。
単純ですが、そういう事です。

悪い点があるなら、
それを補う、いい点を探される。
だから、気持ちがポジに!!

建てると決めたら、後は時期を決めるだけ。
家造りもうまく進みやすいです。

②土地購入をして家を建てる。の考え方。

では、土地の購入から始める方。
このケースは、難しい判断が多いです。

私もこれまで、土地探しからお手伝いして
家を建てられた、お客様も多くいます。

こういった、お客様が土地を選ぶ事ができた理由。
それは・・・
「いつまでに引っ越したい」というのが、明確でした。
そう、時期を決められていたんです。
・お子さんが産まれたので、早く良い環境で育てたい。
・お子さんが小学校に上がるまでに。
・お子さんが独立して、セカンドライフを新しい家で。

そう、お子さんがキーワードになる事が多いです。

私も土地探しから家造りを始めたのですが、
明確な時期は、無かった。。。かな。
当時は、子供もいませんでしたので。。。

でも、考えてみると
夫婦で家を建てたい願望は強かったです。
「すぐにでも、新しい家で暮らしたい!!」が理由ですね。
だから、土地を決めた。
ビビったけど(笑)

その決断をして、正解だったと感じる時がありました。
それは、諦めかけていた子供が産まれて、
新築のいい環境で子育てできた事。

その娘、5才になりますが、
ソファーから跳ねたり、
メルちゃんのベビーカーをゴロゴロ押したり、
運動会のダンスを踊ってみたり。

もし、アパート暮らしだったら、
近隣に気を使って、娘を叱っていたかもしれない。
叱りたい親なんて、いないですよね。

コレが、伸び伸び子育てと言うのか分かりませんが、
あの時の決断が今、正解だったと感じる事が多々あります。

案外、そんなモノなのかもしれません。

ロジカル植木。

今日は、文章多めのブログとなりましたが、
『決める!!』事の大事さを伝えたくて。

明日から東京。
ロジカルにどう伝えられるか、
その技術を磨いてきます!!

あいば、またね~。

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。