工務店スタッフブログ

平均点が80点のお家造り

皆さん、こんにちは。
先日、我が家の皇帝(奥様)と一緒に食べようと思って、ジャイアントカプリコってお菓子を購入しました。
皆さん、ご存じ?
ソフトクリームみたいな形をしたチョコレートのお菓子の事です。

一緒に食べようと準備していたのですが、皇帝がソファで寝てしまったので一人で食べたんです。
(夜中12時の出来事です…)
なので次の日、仕事から帰宅した際に
「ジャイアントカプリコ残ってるよ。忘れんようにね。」
と、言うか言わないかの時に
「やらんばい!私のやけん!!」
と、豪快に笑いながら言い放つ皇帝。

誰も頂戴って言ってないやん…と、心で囁きながら
「ごもっともでございます。」と返事した、関西弁のクマです。

さて、今回のブログはお家造りにおいて、一番大切にしてほしい事をお伝えしようと思います。
それは、「平均点80点を狙って、お家造りをする。」ということです。
もっと簡単に言うと、「いい塩梅」でお家造りするってことなんです。

100点満点

多くの人は、100点満点の家造りを目指します。
つまり、ご自身の「ご要望通り」の家造りを目指しているんですね。

これは、当然ながら当たり前の事です。
なぜなら、とんでもない高額の費用を掛けて、家造りをする訳ですから。

でもね、実際には、100点満点なんて取れません。

例えば、土地。
ご自身のご要望を完全に叶えようとしても、そんな土地見つかりません。
宝くじで一等が当たる確率ほどで運よく巡り会えたとしても、とんでもなく高額のはずです。

例えば、お家。
ご自身のご要望を完全に叶えようとすると、お家の面積は限りなく広くなり、豪華になっていきます。
つまり、とんでもなく高額になってしまいます。

例えば、予算。
ご自身のご要望を完全に叶えようとすると、好みのお家に住めなくなり、何のために家造りをしたのかわからなくなります。

これだけではありません、お庭の工事や駐車場なんかもそうですね。

なので!
これら全て100点満点にする事は、絶対に無理なわけですから、平均点が80点を狙うんです。

大きな三要素

家造りは大きく分けて、三要素に分けて考える事が出来ます。
「お家」「土地」「予算」の三要素です。
この三要素をバランスよく考え、平均点が80点になる様に計画していきます。

パターン①
「予算」を重要視し、100点を目指す。
つまり、ご自身の予算内で「お家」「土地」全てを納め、予算オーバーを徹底的になくす。
そうすると、必ず「お家」「土地」に妥協が必要になってきます。

パターン②
「お家」にこだわり、100点を目指す。
つまり、「お家」への要望を、可能な限り叶え金額をつぎ込む。
ということになります。
そうすると、「土地」には大きな妥協が必要となってきます。

パターン③
「土地」にこだわり、100点を目指す。
つまり、「土地」の環境や状況を追い求める。
ということになります。
そうすると、「お家」には大きな妥協が必要となってきます。

パターン④
パターン①~③で考えると、どうしても三要素のいずれかを大きく妥協する必要があります。
なので、三要素全てを、「いい塩梅」で考える。
つまり、「予算」は少しだけオーバーを許し、「お家」もそこそこ満足いくレベルにし、ここならいいかと思える「土地」を選択する。
簡単に言うと、全て「まぁ良いかな。」と思えるようにする。

これぐらいのパターンが考えられるでしょうか。
クマ個人的なお勧めはパターン①ですが、多くの方はパターン④が一番良いと判断すると思います。

実際は、こんなに簡単やないけどね。
でも、こんな風に考えていくと、満足度の高い家造りが可能だと思います。

三要素の「予算」

いかがでしょうか?
ちょっと抽象的な表現なので、捉えにくいかもしれませんが、この考え方は非常に大切だと思います。

そして、三要素の中で最も重要になってくるのが「予算」だということが、お判りだと思います。

お家造りを考える上で、必ず引っ掛かってくるのが「予算」です。
潤沢な「予算」があれば、お家をあんな風にすることができるのに…
潤沢な「予算」があれば、もっと市街地付近の土地を購入できるのに…
となるんですね。

でも、お家造りを考える皆様全てに「予算」というのがあります。
この予算点数を80点以下にする。つまり、予算オーバーを許す。
といった事をすると、必ず、お家を建ててからの生活が楽しくなくなったり、老後の生活が苦しくなることになります。

予算オーバーを許し、豪華なお家に住んでいたとしても。または、利便性の高い土地に住んでいたとしても。
家族旅行にも行けない…
家族で外食もできない…
お子様にやりたいことをさせてあげられない…
ご自身の趣味は我慢しないといけない…
お家が楽しくなくなる…
歳をとるごとに、生活に不安が増えてくる…
こんな風になる可能性が高いです。

なので、クマのお勧めはパターン①。
「予算」を最重要視する。ってことなんですね。

80点の平均を取るコツ

「予算」については、何かを我慢することで得られる「予算」を、把握しておきます。
例えば、月に4回外食に足を運ばれているのであれば、それを月に1回に減らすと、予算に〇〇万円加算される。
といった具合です。

「お家」「土地」については、ご要望を全て箇条書きで書き出します。
そして、それに順位付けをしていきます。
その中で、下位の物は妥協する覚悟をする。
といった具合です。

これらを、クマとお話合いしながら考えていくと、80点というのが見えてくることになります。
妥協をしているのではなくて、ご自身が叶えられる夢を選択している事を忘れないでくださいね。

まとめ

今回のブログは、とっても抽象的でしたが、家造りを考える際の指針になると思います。
三要素のどれかを重要視すれば、必ず他の要素には妥協が必要です。
なので、三要素全てを「いい塩梅」で仕上がるように計画を立てていくんですね。
クマお勧めは「予算」重要視ですが…

これが、平均点が80点のお家造りです。

ちなみに、お家造りをされた人達のアンケート結果では、土地に不満を述べる方はいません。
お家造りを計画される皆様が、必ずぶち当たる難関の「土地探し」ですが、土地にこだわる必要性は、とっても少ないということですね。

ってことで、今回はここまで!
ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。