工務店スタッフブログ

コスト 設計

長崎県が誇る日本一

新聞に「長崎県が誇る日本一」
というタイトルの記事に長崎にある
日本一を紹介していました

・ツバキの自生数

・アーケードの長さ

・2つの世界遺産の近さ

・商業施設向け4Kオーロラビジョン

・広いテーマパークと「小さな公園」

・ペンギンの飼育種類数

・三経間連続トラス橋

・足湯の長さ

・熱帯医学の拠点

・日本本土最西端

・優れた食材

・島の数

・魚種の多さ

・銅そく(銅製の矢じり)の出土数

2つぐらいしか知っていなかった・・・・
せっかく長崎に住んでいるので
もっといいところを知ることの心がけたいと思っています

喜々津ホーム 溝上です

 

 

コストと設計

普通のお家は
あまり開けられることのない窓
ただ部屋と部屋をつなぐだけの廊下
日光も雨も十分に防げない軒・・・
必要かどうか顧客が選択できずに
勝手についてくる

そして全てがコストがかかっている

本当に必要なものにお金をかける

無駄のものを省き
本当に必要なものだけを残す。

開けられない窓はつけず

廊下、軒などは意味あるものしか残さない。

結果、コストを抑え

その分必要な付加価値に当てることができる

そのような家造りにしたいですね。

 

溝上学

シャチョウ 溝上学

喜々津ホームの生みの親である現社長。 大工の棟梁を父に持ち、自身も現場経験を持ち、未来への壮大な夢を持ち、喜々津ホームのお家造りに絶対の自信を持ち、4人の子ども持ち。