工務店スタッフブログ

二世帯住宅、A様へのお引き渡し。

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日は、どがんですか?

10月も残すところ、あと2日。
そうこうしてたら、すぐ師走ですね。
一年もあっという間です。

佐賀市では、11/1から

2017インターナショナルバルーンフェスタ
開催されますね。

ここ最近、行けてないですが、
この話題を聞くと秋から冬への変化を感じます。
あと、九州場所も。

水面に写る、バルーン。
インスタ映えする写真も撮れますよ!!

A様へのお引き渡し

先日、諫早市多良見町で二世帯住宅を建てられた
A様へお引き渡しをさせて頂きました。

住設機器メーカー様からの取説から。

IHのグリルは、両面焼き。
ひっくり返さなくてもいいし、
水も張らなくていいから便利です。

お母様も感心されていました。

そして、お嫁さんである奥様。
素晴らしいのは、
2階のキッチンには付けていない、食洗機を
お母様の為に付けられている所。

優しいお人柄が分かります。

A様に引き渡しをして、感じた事。

実はA様邸、建替えで、
ご両親様には約半年間、お向かいにある
6畳一間のお家で仮住まいをして頂いていました。

恐らく、無断熱のお家で
夏場は、暑かったことでしょう。
お風呂も無く、息子さんの家で入って頂いていました。
相当な、ご不便をおかけしました。

そして、待ちに待った引き渡し。
とても嬉しそうな表情を見て、私も嬉しかったですが、
息子さんご夫婦がもっと嬉しかったんじゃないかな。

私もそうでした。
6年前に二世帯住宅の家が完成して、
住み始めた頃は、私の両親も嬉しそうで。
「親孝行できたのかな」って思えました。

息子さんも、同じ気持ちだった事でしょう。

二世帯住宅の魅力。
①両親といい距離感で暮らせる。
②子育てを手伝ってもらえる。
③食費や光熱費などを節約できる。

そして、コレを一番感じます。
④両親に親孝行でき、それが自分に対する自信に変わる事。

A様、これからご両親様との生活が始まりますね。
時には、うまくいかない事もあるかもしれませんが、
幸せな暮らしをされます事を願っております。

お引き渡し、おめでとうございます。

あいば、またね~。

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。