工務店スタッフブログ

喜んでもらえるかな?

トピックス項目

ギコギコ

喜々津ホームで使っている無垢の床材を、工務さんから頂きました。
無垢(ムク)材ってのは、丸太の木から切りだした材料ってことで、本物の木の感覚が得られます。
喜々津ホームで大切にしてる自然素材を代表する一つですね。

ってことで、この無垢の床材を使って…
のこぎりでギコギコ、ギコギコ。

全然捗りませんが、私にはこれが精一杯!
大工さんや工務さんやと、めちゃめちゃ早く、そして綺麗になるんですけど…

のこぎりで真っ直ぐ切るって難しいんですよ。
なので、私は秘密兵器を使いながら切りました!
秘密兵器は秘密のままで…

トントン

頑張って切った無垢の床材を、割れないように下穴を開けて釘を金づちでトントンと組み合わせ。

木には年輪ってのがありますね。
木の年齢なんかを見たりするやつのことです。
無垢材なので、勿論年輪があるんですけど…
釘を打ったらパキッ!年輪に沿って割れちゃうんです。
(あくまで素人作業だからですよ。)

なので、少しでも無垢材に負担をかけないように、釘を打つ所に細い穴をあけるんですね。
これを下穴って言うんです。

下穴をドリルでガーッ!と開けて。
組み合わせて、釘を金づちでトントン!と。
そして、喜々津ホームの顏「漆喰」が、はみ出ないように養生テープをペタペタ。

ベタベタ

先程作ったものが枠組みになるので、その中に喜々津ホームの顔である「漆喰」をベタベタ。

これは枠組み内に溢れんばかりに、たっぷり塗りつけました。
素人考えで分厚く塗れば綺麗になるかな?なんて考えてたのですが…

そこに、本物の大工さんと左官屋さんが登場!
大工さん「何これ?」
左官屋さん「こんなに厚かったら乾かんやろ?」

…取り敢えず、ダメ出しをもらいながら続けます。

ギュッ

漆喰に木ダボをギュッと押し付けていきます。

木ダボというのは、木材同士を繋ぐときなんかに使う木の棒のことです。
可動棚なんかの高さ調整の際に、棚の下に引掛けるのもダボって言いますね。
小っちゃい木の棒のことです。

木ダボで文字を描きましょう。
そして周りはタイルで飾り付け。

おぉ!
これやと小さなお子様でも出来るんやん!
って、心の中でガッツポーズ!

(後日、ガッツポーズが恥ずかしい状態になりますが…)

さて、これはいったい何に使うのでしょう?
小さなお子様が主体のものを考えてます。

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。