工務店スタッフブログ

思い出に残る、地鎮祭。

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日はどがんですか?

お盆も終わり、
日もだいぶ短くなってきましたね。

毎年、この時期のラジオからは、
ミスチルの『君がいた夏』が。
この曲を聴くと
秋の気配を感じます。。。

地鎮祭は、賑やかがGood!!

お盆前に大村市にて
M様邸の地鎮祭を執り行いました。

真夏の炎天下でしたが、
木陰に入ると涼しいものです。

この夏場の陰をどれだけ室内に作れるかも
家造りのポイントだったりします。
陽当りが良いのに越した事はありませんが、
夏場の日差しは、あまり入れたくない。

パッシブデザインと言ったりしますね。
詳しくは、またの機会に・・・。

地鎮祭には、ご両親様やご兄弟様も参加して頂きました。
M様は「すいません、大人数で押し掛けて」との事でしたが、
家造りの思い出をご親族様にも残して頂く上で、
大人数のご参加、大歓迎です(笑)
上棟式もそうですね。

皆様で玉串を奉納し、地を鎮め、工事の安全祈願をします。

ほら、大人数の方が、
写真の見栄えも映えるでしょ(笑)
M様、暑い中でしたが、
地鎮祭、おめでとうございます。

今後とも宜しくお願いします。

思い出の残し方も様々。

昨日は、時津町にて
W様の地鎮祭。

その前に

家の配置を確認。

敷地に対して、
隣地境界から建物がどれ位、離れているか?
駐車スペースがどれ位、確保できているか?
これまでは、図面上でのお打合せでしたが、
実際に家の形を縄で作ると
実感も沸いてくるものです。

さて、地鎮祭が始まります。

お父様から渡された、
ビデオカメラで、橋口さん撮影。

私も家造りをした経験を持ちますが、
出来る過程の思い出を残していない。

しかし、残したからと言って
そう頻繁に見るモノでもありませんが、
節目の1年、5年、10年の時に
写真や映像で思い返すのもいいモノです。

W様、いい思い出残しもらえたかな?(笑)

これからの完成までの過程も
しっかり、思い出に残して下さいね。

地鎮祭、おめでとうございます。

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。