工務店スタッフブログ

工務店とハウスメーカー!

皆さん、こんにちは。
雨の日でも、傘を差さない「関西弁のクマ」です。
だって、傘持ってないんだもん…

今回のブログは、喜々津ホームのような「工務店さん」と、TVでCMなんかをしまっくている大手「ハウスメーカー」との違いをお伝えしようと思います。

お家を建てよう!
って考えた時に「工務店」と「ハウスメーカー」どちらを選べばいいのかな?
と、迷われる方も多いと思います。
なので、クマ目線で違いをまとめちゃいましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーってのは、TVで宣伝している大手さんのことをいいます。
つまり、全国規模でお家を建てている有名な会社さんのことですね。
ハウスメーカーってのは正式な定義はないみたいやけど、皆さんも同じように感じてると思います。

ハウスメーカーさんの特徴としては、全国規模で展開している。
ってことがあります。
喜々津ホームのような工務店さんは、逆に地域密着型となりますね。
北海道の人が喜々津ホームのことを知ってたら、その方がビックリしちゃいます。

全国展開をしているハウスメーカーさんは、全国の人たちを相手にしないといけないので、とてつもなく多くのお客様のご要望に応えることが重要になります。
そんな中で、お客様一人一人の意見に合わせてお家を建てていたら、もんのすごく大変で時間がかかるし生産性が悪くなっちゃいますね。

なので、なるべく同じような間取で、誰もが満足できそうな仕様のお家を建てることが必然となります。
と、同時に、日本全国でお家を建てることになるので、当然、どんな大工さんや職人さんでも建てられるようにすることも大切になってきます。

このような理由から、間取の自由度が少なかったり、仕様にこだわったりすることが難しくなって、工場で作って現場で組み立てる。
って方法をメインとするわけですね。

つまり、ハウスメーカーさんは、誰からも不満のでないお家を得意としてるんですね。

これは、悪口じゃないですよ。

工務店

喜々津ホームのような工務店さんは、基本的に地域密着型なのが特徴となります。
それと、ハウスメーカーさんのように、誰にでも合うような平均点のお家より、その人(家族)に合ったお家造りを得意とします。

ハウスメーカーさんと同じ用に平均点のお家を建てても勝てないでしょ?
だって、根本的な規模が違うんだもん。

なので、工務店さんってのは対象となるお客様のご要望に沿ったお家造りをすることが得意となります。

例えば、めちゃめちゃ狭い土地に建てるお家やったり、2階にリビングがあるお家やったり、ペット中心のお家やったり、趣味を堪能できるお家って感じですね。
当然、それに伴う仕様も自在に変更することになります。

つまり、お家や生活にこだわりがある人は、工務店の方が合うことが多いってことになるんです。

工務店が一番?

実は、こうは言い切れません。
って言うのは、工務店さんってのは独自でお家を建てているので、建てるお家のレベルがまちまちなんです。
お家を建てる技術って言えばいいでしょうか。

お客様から凄い!と言われるお家を建てている工務店さんから、下請けをメインにしている工務店さん、リフォームを得意としている工務店さんって感じで色んな工務店さんがあります。

だから、比較が難しいってことがあるんですね。

まとめ

まとめちゃうと、
ハウスメーカーさんは、不満が出ないお家を建てるのが得意。
工務店さんは、満足いくお家を建てるのが得意。

でも、
ハウスメーカーさんは、感動できるようなお家を建てるのが苦手。
工務店さんは、お店によって差が激しいので見極めが難しい。

これを踏まえて考えると、結局お客様の好み!
ってことになっちゃいます。

喜々津ホームは工務店さんなので、お客様に感動して頂けるようなお家造りを目指してお家を建てさせて頂いています。
その為にスタッフ及び、関連業者様も一生懸命頑張ってます!

ってことで、
せっかくなので、次回は良い工務店の見極め方のコツなんかをお伝えしちゃおうかと考えています。

ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。