工務店スタッフブログ

暮らし 明るさ

甥っ子がJRAの騎手で頑張ってます。
今年も、小倉競馬場に来ていて、今朝も
親戚やご近所さん応援団を見送ってきました。

喜々津ホーム 溝上です

 

 

 

暮らしと明るさ

大きな団地をみていると、南側に大きな窓をとっている
お家が大半を占めています。リビングやダイニングに面している
窓で明るさを確保するために設計されていると思われますが
実際は、人目が気になりカーテンで締め切っているのが
ほとんどです。

設計上、必要なのは南側から必ず明るさを確保するのではなく
プライバシーを考え、窓の位置を決め、明るさを確保することが
大事ですよね。大きな窓を付けたが、シャッターを付けたり
ドレープとレースのカーテンを付けてしまい、本来の役割が果たせなく
コストまでかけて割高なお家にならないように計画することが
大事ですね。

溝上学

シャチョウ 溝上学

喜々津ホームの生みの親である現社長。 大工の棟梁を父に持ち、自身も現場経験を持ち、未来への壮大な夢を持ち、喜々津ホームのお家造りに絶対の自信を持ち、4人の子ども持ち。