工務店スタッフブログ

私が思う、ビンテージとは。

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日はどがんですか?

何故か、この時期になると
アレルギー反応が出ます。
くしゃみ、鼻水。。。

小野さんが、
「それは、シロツメクサに反応してるんじゃない?」
と聞いたので、
嫁にドヤ顔で、
「これは、オタクサが原因だった!!」と
言い間違いをしてしまいました。

長崎の銘菓、おたくさ。。。

笑うところですよ。

『ビンテージ』と聞いて、何を思い浮かべますか?

『ビンテージ』

と聞いて、私が思い浮かぶのは、
・リーバイス501

・ベスパ

・革靴

などなど・・・

いい物を永く使いたい。
使っていく内にあじとなる。
年月が経っても価値が落ちない。

こういったモノが、
『ビンテージ』だど
私は、解釈しております。

家造りに例えると・・・

じゃあ、家はどうか。

・自然素材を使う。
『朽ちる』でなく、『あじ』となる。

・長期優良住宅
耐久・耐震・省エネ性に優れ、数世代にわたって暮らせる住宅。
資産価値が落ちにくい。

・リノベーション
古い家屋を蘇らせる。
資産価値が上がる。

ザックリこんな感じ。
『ロングライフデザイン』とも言いますが、
喜々津ホームでも大切にしている事です。

先日、こんな勉強会に参加してきました。

『不動産大革命』 By 山内先生

実はこのブログ。
うまくまとめきれずに
下書き状態にしておりました。

この勉強会で山内さんがおっしゃられた、
「中古住宅と言ったら印象が悪い。
ん~、『ビンテージ』。とか。」
このフレーズで、ヒントを得て、
書き上げております。

25年で資産価値『0』の
家造りは、どうなんでしょうか?

心に強く残った、言葉です。。。

このセミナーが終わって1時間後に
次のセミナー案内がメールで届いたのには、
びつくりしましたが、
山内さん、有意義な時間をありがとうございます。

私もリノベをしました。

喜々津ホームの
リノベーションモデルハウスが、

先日、オープンしました。
ご見学頂いた、お客様からは、
高評価を頂いております。

「HPの写真もステキだったけど、
実際に見たら、それを超えました。」
と。

リノベーションにご興味ある。

そんな方には、是非見て頂きたいです!!
詳しくは、コチラから

そうそう。
私も先日、リノベしました。

革靴のソールを全部交換しました。
いい感じに仕上がっております!!
靴の場合は、リペアって言いますね。
購入して、5年。
いい物を永く使いたいと考えます。

そのいい物を
妻に相談なく購入すると
・・・。

あいば、またね~

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。

スタッフからのおすすめ記事