工務店スタッフブログ

諫早市E様邸地鎮祭

諫早市E様邸地鎮祭

皆さん、こんにちは。
『笑顔の植栽人、植木』です!!
今日はどがんですか?

また、久々となってしまいました。

習慣付けの大事さを感じます。。。

 

 

地鎮祭とは・・・?

さて、先日E様邸の地鎮祭を執り行いました。

そう、E様邸は、二世帯住宅です。

これまで、
プランご提出、

水回り設備のご見学、

土地のご契約、

みかんのいっき食いを重ね、

ようやく、着工の運びとなります。

着工前には、地鎮祭。
勿論、この日も快晴!!
おそらく、晴れ続き20連勝位かと。

ここで、地鎮祭の意。。。

建物を建てる際に、工事の無事や安全と
建物や家の繁栄を祈る儀式。

工事の着工にあたり、
神職をお招きして神様にお供え物をし、
祝詞をあげ、お祓いをして浄め、

最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

土地を購入する際にも重要?

地鎮祭には、上に書いたような意味合いもあるのですが、
土地を浄める意味もあります。

土地を購入する際、
その土地で昔、何があったか分りません。

事故物件(昔、火災などがあった不動産)の場合、
不動産屋様は、その事実を伝える義務があります。

でも、もっともっと時代をさかのぼると・・・

分からない事もあるかもしれません。

気にされない方もいらっしゃるとは思いますが、
気持ちが良いものでは、ありませんよね?
そこで、この地鎮祭で土地を浄めるわけです。

家が完成してから、家のお祓いもすると
より安心できますね。

地鎮祭を終えられ、E様も安心された事と思います。

E様、植木家の二世帯住宅とは比べ物にならない位、
立派なお家の完成が楽しみですね(笑)

植木勇次

営業マネージャー 植木勇次

営業部門の頼れるリーダー  マイホームを喜々津ホームで建てた後に現社長である溝上学に師事し入社。他人の失敗を咎めない広い心と、自分の気持ちを伝えられない不器用さを併せもっている。ついでに豪快な眉毛ももっている。普段彼は、なぜか9分丈のパンツスタイルを好んでいるが、もしかしたら本人のイメージは、石◯田純一のような7部丈なのかも知れない。出身は、有明海をニアサイドに臨む小長井。巷ではおぎやはぎに似ているという層と食い倒れ人形に似ているという層に分かれている。そんな彼は、不器用だけど誠意ある愉快な人である。

スタッフからのおすすめ記事