工務店スタッフブログ

KKHのアフターメンテナンスについて(その①)

大事です☆アフターメンテナンス

今日は題名の通り、家のアフターメンテナンスについて書いてみようと思います。

例えば車やバイクと同じように、家も定期的なチェックやケアなど、

色々とメンテナンスが必要です。

「どんな家に住みたいか?」という家を造る前のイメージはもちろん大事ですが、

「5年後、10年後、20年後も安心して住み続けられるか?」ということも

同じくらい大事なことです。

 

喜々津ホームの考え方は...。

まず基本的なこととして、喜々津ホームは家を建ててからが

お客様との本当のお付き合いの始まりだと思っております(^^)

家のお引渡し後は、当社のスタッフが定期的な訪問点検を行っております。

そのスパンは、お引渡し後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、3年、5年、10年です。

もちろんこれ以外のタイミングでも、家に関する不具合があれば

専門のスタッフが迅速に対応します。

何か家に関してお困りごとがありましたら、会社へ連絡して頂いても

構いませんし、私達営業スタッフに相談して頂いても全然OKです。

ウチは転勤も無いので、OB様のことを把握したスタッフが

ず~っと喜々津におりますので、安心です(^^)

この調子でつらつら書き続けると、またブログが

長~くなりそうなので、今日はこの辺で(笑)

次は第2弾として、アフターメンテナンス時のチェック項目について

お伝えしてみようと思います。

北村隆成

家づくりアドバイザー 北村隆成

UEFAヨーロッパサッカーに相当詳しい北村は植木直属。見学会では「いわゆる営業職なのに上がり症」という一面が際立っている。社内では、いつも手紙をコツコツ書いているイメージがあるのだが、なぜだか「誰に書いているの?」と聞いたチームメイトは未だ存在しない。そのビジュアルから、即興で「駄洒落ラップ」を歌うポテンシャルを大いに秘めている。

スタッフからのおすすめ記事