工務店スタッフブログ

街と田舎の中間的イメージ→市街化調整区域

マイホームOK?市街化調整区域☆

日本は国の都市計画法という法律で、

「一体の都市として総合的に整備し、

開発し、及び保全する必要がある区域」を

「都市計画区域」として指定しています。

この「都市計画区域」には、①市街化区域、

②市街化調整区域、③非線引き区域

の3つがあります。ちなみにそれ以外の地域は

都市計画区域外と呼ばれています。

前回のブログで触れた用途地域の話は、

①の市街化区域の話。

今日の話は②の市街化調整区域の話です。

 

原則建物NGですが、特別に・・・。

ざっくり言えば、市街化区域は街づくりを

進めていく地域。それに対し市街化調整区域は

街づくりを抑制する区域のことです。

「ここは家とか建てたらアカンですよ~☆」

ってことですね(*_*)

ただ絶対ダメというわけでもなく、一定の条件を満たせば

「マイホームを建ててOKッス!!」に変わったりします☆

周りに家ある??連坦(れんたん)制度

市街化調整区域の許可制度は

いくつか種類があるのですが、

今日は「連坦制度」について

お伝えします(^_^)

日本国のお堅い文章だと、

「市街化区域に隣接し、または近接し、

かつ自然的社会的諸条件から市街化区域と

一体的な日常生活圏を構成していると

認められる地域」で、「おおむね50以上の

建築物(市街化区域内のものを含む)が

連坦している地域」という説明(*_*)

う~ん、長い!小難しい!!

勝手に噛み砕いてお伝えすると、

割と街に近く、そこそこ生活しやすく、

一定間隔で家が建ってる場所ってことです☆

ちょっと噛み砕きすぎか(笑)

まぁ、イメージが伝わればいいや(爆)

100m以内にの間隔に家がある程度建って

いればOKなのですが、原則は40戸。

地域によって20戸とか30戸とかに

変わってきたりもします。

この辺の詳細は市役所で誰でも調べれます!!

もうひとつ制度をお話したかったんですが、

長くなってきたんで今日はこの辺で(^_^)

ここまで読んでくれた方、

ありがとうオリゴ糖♪甘納豆微糖♪

それではまた次回!!

北村隆成

家づくりアドバイザー 北村隆成

UEFAヨーロッパサッカーに相当詳しい北村は植木直属。見学会では「いわゆる営業職なのに上がり症」という一面が際立っている。社内では、いつも手紙をコツコツ書いているイメージがあるのだが、なぜだか「誰に書いているの?」と聞いたチームメイトは未だ存在しない。そのビジュアルから、即興で「駄洒落ラップ」を歌うポテンシャルを大いに秘めている。

スタッフからのおすすめ記事