工務店スタッフブログ

土地探しの三大ポイント① ~基本~

大きな三つのポイント

皆さんは土地を買おう!って決心したら、どんなことを考えて土地を探しますか?
のどかな風景が広がる宅地?
小学校までの距離が短い土地?
とにかく価格の安い土地?
こんな風に、土地を探すときには色々と条件に付いて悩むと思います。

それらをまとめると三つの大きなポイントが現れます。
1.エリア
2.環境
3.価格
これが、土地探しの三大ポイントとなります。
三大条件って言ってもいいかな。

この三大ポイント(条件)をまとめることで、変な迷いが少なくなるんですよ。
なので今回は、この三大ポイントについてお伝えしますね。

ポイント1 ~エリア~

簡単にいうと、どこに住みたいのか?ってことですね。これって意外と難しい問題になってくるんですよ。
ほぼ間違いなく土地の購入を考えていらっしゃる方は、小学校までの距離が近くて、公共交通機関も便利に使えて、コンビニやスーパーまで歩いて行ける場所。って考えると思います。

こんな土地あると思います?
そうです、ないんですね。もしあったとしても、売りになんか出てこないです。
このことをしっかり理解することから土地探しは始まります。

ポイント2 ~環境~

その土地の周囲の環境ってこともありますし、その土地自身がどうかってことも含まれます。

周囲の環境ってのは、住宅街で静かである。とか、のどかな風景が広がる住宅地である。って感じのことですね。
その土地自身の環境としては、日当たりが良好である。とか、風通しが良い。ってな感じのことですね。

周囲の環境ってのは簡単に思いつくと思うんですけど、土地自身の環境ってのは意外と厄介やったりします。
ってのは、水はけがいい土地。っていっても確認しようがなかったり、風通しがいい土地っていっても建物のプランによって風が通らなくなっちゃったりするんですね。

結構難しいでしょ?

ポイント3 ~価格~

そして、最後に価格です。
このことが一番大きな要素になるとは思うのですが、これって非常に難しい問題なんです。

不動産には「定価」ってのが存在しません。
あくまで「相場」を基に高いか安いかを判断せざるを得ないんですね。
しかも、土地を購入しようとしているご家族の価値観によって、土地の価格ってのは高い安いが変わるんです。
どうしてもその土地が欲しい人にとっては、他の人が見れば高いと感じる土地でも、安いってことがあり得るってことなんですね。

こんな風に土地の価格ってのは「定価」がなくて「相場」なので、ちょっと難しいんですね。

まとめ

土地探しには三つの大きなポイントがあるってことですね。
1.エリア 2.環境 3.価格
これらの三つのポイントはそれぞれが関係を持つ要素なので、バラバラに考えるにはちょっと無理がある所もあるんやけど、土地探しをする前にこれらを三大ポイントとして考えると少しは楽になりますよ。

希望を100%叶えられる土地ってのは、存在しません!

このことをしっかり頭に入れた上で土地探しを始めてくださいね。

次回は、これらのポイントをちょっと詳しくお伝えしようかと思っています。

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。

スタッフからのおすすめ記事