工務店スタッフブログ

漆喰っていう塗壁①

世界中で使用

皆さん、こんにちは。
忙しいのに全然痩せない「関西弁のクマ」です。
今回は、漆喰についてお伝えしようと思います。

皆さんはご存知でしたか?
漆喰って日本だけのものじゃないんですよ。
ヨーロッパなんかでは、普通に壁材として現在も使用されています。

自然素材

漆喰の原料は、消石灰です。
極端にいうと鍾乳洞の天井から下がってる塊を砕いて、炉でガンガン焼いた物のことです。
途中で塩を加えたり、水を足したりすると記憶してますが…
確か…多分…

まぁ、取り敢えず自然界にあるもんで構成されているってことです。

家庭菜園なんかに興味がある方は、畑に撒いたりするんやないでしょうか。
食物を生産する畑に撒くんやから体に悪いはずがない!
ってことがわかると思います。

でも、目に入ると失明しちゃうこともあるんだけど…

強アルカリ性

漆喰の原料である消石灰は、強アルカリ性なんです。
なので、漆喰も同じなんですね。
なぜなら、消石灰を焼いたりしただけやから。

畑なんかに撒く理由も、アルカリ性を加えることで土壌を中和させるために撒くんですね。

そして、強アルカリ性の環境では、ほとんどのカビやウイルスは生息できません。
ヨーロッパでは、中世に黒死病(ペストやコレラ)ってのが大流行したことがあるので、色んな建物の壁一面に漆喰を塗って防止をしているって話があります。
実際、めちゃめちゃ漆喰率が高いのがヨーロッパです。

特性

こんな風に、漆喰には面白い特性が色々あるんです。
世界中で昔から使用され続けている材料ですから、当然色々な理由があるわけです。

その中で、当然弱点もあります。
その辺のことなんかもキチンとお伝えしていきますね。

ほな!また!

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。

スタッフからのおすすめ記事