工務店スタッフブログ

地震に強いお家の三つのこと

最近多い気が…

皆さん、こんにちは。
最近、色んなことをやって忙しくしているクマ(?)です。
本来ならば、冬眠ならぬ夏眠をしようと思ってたのですが…

ところで、最近、地震が多く発生しているように感じませんか?
私だけでしょうか?

TVでお家が倒壊している映像なんかを見ると、とっても怖いですね。
本来お家ってのは、人を守るためにあるのに…

そこで今回は、地震に強いお家の三つのことをお伝えしちゃいましょう。

一、壁のバランス

まず一つ目が、壁のバランスです。
壁のバランスってのは、お家のどこに壁があるかってことです。
簡単に言うとね。

例えば、古いお家になればなるほど、南側には壁が少なく大きな開口部(窓)が設けてあります。
これは、当然、日差しをお部屋に取り込もうと考えてのことですね。
そして、反対の北側は、開口部はほとんどなく壁だらけってなってます。
これだけを考えても、壁のバランスが悪いことがわかりますよね。

これが地震の時どのような働きをするかというと
壁の多い北側は地震に強くガッチリしていて、反対の南側は壁がないので地震に弱くフニャフニャした感じになります。
つまり、同じお家に強い所と弱い所ができちゃうわけですね。

こんな風に、強い所と弱い所が混在すると、お家がねじられることになるんです。
そして、最悪の場合、お家の倒壊ってことになっちゃいます。

二、土台や柱

壁のバランスと同じく柱の配置バランスも当然重要です。
でも、ここでいう柱や土台ってのは、構造体ってことですね。
構造体ってのは、お家の骨組みのことです。

この構造体を粗末品や強度が弱い木材を使ったり、シロアリの被害にあって強度が落ちてしまうと…
誰でもわかりますね。
そんな状態の時に、地震なんかが来ちゃったら…

三、重い屋根(瓦)

瓦が悪いと言ってるわけではないですよ。
一般的に重い屋根材と言えば瓦葺ってことになります。

重い屋根のお家は、頭の重い赤ちゃんのようにフラフラしてバランスがとりにくくなるんです。
地震に強いお家ってことだけで考えれば、重い瓦は不利ってことになりますね。

ちなみに軽い屋根材で屋根を作っても、太陽光パネルを載せると重くなっちゃいますね。
なので、古いお家に太陽光発電を導入する時は、ちょっと注意が必要です。

変な言い方だけど…

どうでしょう?
三つとも当たり前のことですよね。
なので、壁や柱のバランス・屋根の重さが関係することは、建築基準法でも色々と決められています。

でも、建築基準法ってのは文字通り「基準」です。

より安全にお家を建てるには、やっぱりお家造りのプロとしっかり話し合わないとダメですね。

 

 

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。

スタッフからのおすすめ記事