工務店スタッフブログ

注文住宅の新築と中古住宅のリノベーション②

リノベーションのメリット

これはね、リノベーション希望者様のご予算に応じて工事が可能ということです。
ご予算を抑えたい時は一部屋だけなどの小規模な工事も可能で、ご予算に余裕があれば大掛かりな工事も可能となるからです。

例えば、注文住宅の新築をご希望やけどご予算が合わない場合は、お家を諦めるということになっちゃいかねませんね。
新築の場合やと一部屋だけ作るってことは不可能やもんね。

もう一つのメリットですが、小学校周辺地域や利便性の高い地域、つまり、人気のある地域の物件を探しやすいことです。
これってピンとこないかもしれませんが、人気のある地域の新築用の土地(建物が建っていない土地のことで更地って言います)と中古住宅では、圧倒的に中古住宅の方が物件数は多いんです。

これには様々な要因があるんですが、例えば、
お家を建てた時は町外れやったけど、大きな道路が通って利便性が高くなった。
とか、
子どもが独立したから学校の近くよりも、病院の近くに移りたい。
や、
大きなお家はいらなくなったので、もっと街中のマンションに引っ越しましょう。
なんてのもあると思います。

リノベーションのデメリット

デメリットは、基になるお家の状態に左右されるってことです。
価格が安いからって飛びつくと、基礎や土台、梁まで交換しないといけないってなことになることもあります。
新築やと、この心配はないですね。

あとはね、自由度が低いってことがあります。
これについては当然のことながら、今ある建物を更に良くしようというのがリノベーションやから仕方がないことではあります。
いらん!っと考えてた壁が壊せなかったり、絶対必要な柱があったりするんですよ。
(対処できないことはないのですが…)

そして、基本的に工事費用は割高になる傾向があります。
これは、今ある建物を残しつつ工事を進めないといけないので、手間もかかるし気も使うんですね。
それがどうしても工事費用に反映されてきちゃいます。

つまり、リノベーションってのは、結構な予算が必要になっちゃうんです。
安直な考えで、安い物件を買ってリノベーションしたら新築より安く済むぞ!
って考えてると、計算が狂うことが多いんです。

どっちがお得?

恐らく皆さんが考えるのは、どっちがお得なの?ってことだと思います。
でもね、これって非常に難しいんです。

お金のことでいうと、
注文住宅の新築やと、どこまでご自身の希望を反映させるかで価格が変わっちゃいます。
中古住宅のリノベーションも一緒ですね、どこまで工事をするのかによります。
ただ、大雑把にいうと、リノベーションの方が安価で済ませられる可能性は高いんです。
というのは、メリットでもお伝えした通り、ご予算に応じて工事ができるからなんですね。

立地条件でいうと、
中古住宅の方が更地よりも物件が豊富なのでお得感があるかな?
でも、更地も探せば良い所が見つかるかもしれませんね。

ってな感じで、皆さんが「どう考え、どう捉えるのか」によって、損と得は変わってくるんですね。

お話ししましょ

注文住宅の新築と中古住宅のリノベーションどっちがいいんやろ?
って感じた時は、喜々津ホームに相談ください。

喜々津ホームは、注文住宅の新築も中古住宅のリノベーションも手掛けてます。
新築の土地探しもご協力いたしますし、中古住宅探しもご協力できます。

後悔しないように、色々お話ししてください。
色々話すことで、進む道が見えるってことが絶対にあるはずですから。

小野訓

土地アドバイザー 小野訓

喜々津ホームホームページの「メロンバス亭」の写真を知らない方が見ると「う~ん、一番右の人が社長じゃないん?」といった印象を受けていると思うが、それは極めて惜しい認識だといえる。確かにパッと見では、大半の人が右端のオジサンが社長っぽく映るかも知れない。 が!一番右端の彼は、長崎で一番誠実な不動屋さんとして、その道で知られているクマさんこと小野訓(さとし)である。 彼自身のセルフコントロールにより、四捨五入するとクマのような印象をあえて醸し出しているが、実は飛べるクマなのでもある。その上、彼はお客様視点で仕事ができる人。 もし、あなたがマイホームを建てる前提で、先ず土地探しで頼れる人をお探しなら、飛べるクマである小野訓を訪ねてみることを強くお勧めする。彼ほど何事に対しても真摯な人は、ここ長崎にはそれほどいないはずだ。

スタッフからのおすすめ記事