工務店スタッフブログ

諫早市リノベモデル完成まで第1話_解体スタート!_ 

リノベモデル完成までの第一歩

2017年2月
諫早市多良見町にOPEN(予定)
「リノベモデル」=「リノベーションモデルハウス」の工事がスタートしました。

築45年の平屋、約37坪。
ちょっと懐かしい佇まいのお家が、
生まれ変わります。

解体現場からリポートです!

お家の解体、実際に見たことないね。
なかなか見る機会もないね。
どんな風に解体されてくのかな??

みなさんも、なかなかそんな機会ないのでは??

ということで、マネージャー小田さんと
広報チーム、現場へ出動してきました!

解体第一手はどこから??

早朝より、小田さん・大工の北さんと
解体屋さんが綿密にお打合せ。

解体第一手は、壁から?天井から?
それとも…???と
ちょっとワクワク想像していましたが、

まずは、畳や建具をきちんと外すところから!

そして、壁から天井へ。
重機や専用の機械を使って解体していくのか
と思っていましたが、意外にも手作業と人力。

今回、屋根と外壁は解体しませんので、外から見ると、解体しているようには見えません。
ですが、中を覗くと。。。白い粉塵!音!
どんどん取り壊されていく迫力に、
広報チーム「スゴイ…しかないね。」(@_@)

少々危険も感じる中、けがや事故がないよう
淡々と作業される解体屋さんの技術にも
感服いたしました!

天井がどんどん。。。。。。

和室の天井は屋根裏に上って梁をつたい、
天井板を踏んで解体。あっという間に
屋根裏や立派な梁が見えてきました。

天井は下からみんなで引っ張るのかな??
と尾下さんと予想してましたが、
ハズレ(^^;

解体後は

床下のコンクリート打ちをして、
大工さんの作業に入ります♪

 

 

 

田川美穂

広報&経理 田川美穂

どんな時も笑顔で、周りの人を和ませてくれる癒しの存在。見た目とは裏腹に責任感が強く、どんな仕事でもチャキチャキと卒なくこなす。元保育士であると同時に長崎屈指のカフェ&居酒屋通としても社内では有名。

スタッフからのおすすめ記事